イギリスの友人たちとマスクの話♬

こちらで生活していると、現地のママ友も増え、色々お話をする機会があります。

そんな中、マスクの話題になりました!!これは興味深い〜。

なるほどと思えた事だったので、ブログに載せようと思います。

今は状況が落ち着いてきて、マスクの着用率が減りつつあるロンドンですが💦これは冬〜春頃のお話です!

※勿論、感じ方は人それぞれ!ここに書くのはあくまで個人の感想なので、へーこんな考えがあるのね〜と思って頂けるとうれしいです。

 

私の周りの友人(イギリス人、フランス人、アメリカ人など)はみんな「マスクをつけるのに抵抗がある」と口々に話していました。

理由はマスクで顔を覆うことで、相手がどんな人なのかわからなくなるから。それが怖いと。(宗教柄顔を覆うのは理解できる!それはその人のアイディンティティで大事な事だから。とも)

確かに、監視カメラ大国のイギリス。犯罪が起きたときに、みんながマスクをしていると誰だかわからなくなります。イギリスに来て驚いたのはTwitterの公式な警察アカウントで「この人を探しています(誘拐・失踪)」や、カメラを公開し「この犯人を追っています」としょっちゅう流れてきます。それだけ事件が多いんですね。。。。

調べると日本とイギリスの犯罪件数、圧倒的に違います😱同じ島国でピストルないのに。

 

勿論ウィルスも怖いけど、只でさえ犯罪が多いのに景気が悪くなりもっと治安が悪化する中皆がマスクつけてたら怖すぎる😭・・・との事。

なるほど、この感覚日本にいた時には全く無かった。冬になると予防の為、マナーとしてマスクをするのが当たり前だったのでその発想はありませんでした。

f:id:salt36:20201220090629j:plain

ホントにカメラ大国で、何回主人の車は交通違反の罰金追徴が来たことか。

 

でも一つ、こういう事かと思った経験があります。

私と夫でスノボに行ったときの事。防寒ように目出し帽を付けていたスノーボーダーを見かけました。(ゲレンデの売店でも目出し帽普通に売っているし、何も問題ないです)

私それを見た瞬間、胸がざわついて。

夫に「目出し帽つけてる人いるんだね!温かいしね。」と声かけたら夫は「あ、あれ俺良いイメージがないんだよ」

そう、実は私と夫 幼少期はアメリカに住んでました。その時に目にした目出し帽って

強盗犯・犯罪者の姿なんですよね。遠い昔の記憶。だから私もフラッシュバックして胸がざわついたわけなんですが。これって経験があるからそう感じるわけで、この経験がなければ何も思わないわけですよね。

環境でもだいぶ違うな〜と思いました。

f:id:salt36:20201220090815j:plain

着用したらふつーに温かいと思う。特に雪山とかは💡

話を元に戻して・・・・。そんな中、ルールになっているとは言うものの、公共機関や屋内でのマスク着用をしている人が増えたというのは、凄いことなんだなと感じるようになりました。

マスク着けずに、ソーシャルディスタンスを守らない人もいますが(せめてどっちかはやって😭)

 

そして、逆になぜ日本人はマスクに抵抗がないのか?と聞かれました。冬はウィルス予防で春は花粉症対策の話をしたら「花粉症=マスク着用」の発想が無かったらしく、みんな納得してました(笑)イギリスにも芝、木、草花の花粉があるので、薬局でも花粉症用の薬が売ってたりします。それも日本では病院でだされるような強い薬も普通に購入できます。

お互いに「へー、知らなかった!勉強になる!!」と言いながら楽しい談笑(マスク着けながら)

この国でのマスク着用を強制すべきでない!いう意見があるのも理解できたような気がしました。

f:id:salt36:20201220091233j:plain

早くマスク着用不要で、外出できる日が来てほしいな〜。で、やっぱり6月21日規制解除はむずかしかったか〜。学校のお迎えの列でマスク着用ルールがあるのに、着けている人がどんどん減って😭外は暑くてもめげずに私はマスク着用するぞ〜!

 

2016月3月、メンタルタイムトラベル第一弾 マルタ

2016月3月、メンタルタイムトラベル第一弾 マルタ

 

我が家にとって、ロンドンでの初めての海外旅行。

 

人生初(&最後でしょうね)のマルタ航空ロンドンヒースロー空港を飛び立ち、マルタ国際空港(英語: Malta International Airport)へ。(世界地図では距離があるように見えるマルタですが、実際の飛行時間は約2時間10分。東京―ソウル間と一緒。東京-沖縄のフライト時間より短い!

わかっていたものの、曇りで暗いロンドンの冬から逃避した我々を迎えてくれたマルタ共和国は晴天。人間の気持ちは、こんなにも天気に左右されることを改めて実感しました。地上にいても、言えます”The earth was bluish(地球は青かった)

さて、マルタ到着。実は今回は初めての海外旅行色々と個人で手配する時間もなかったので、旅行会社のパッケージツアーを申込。パッケージツアーには空港-ホテル送迎付きでしたので、空港到着後、難なくホテルに到着・チェックイン完了。今回お世話になった宿はGrand Hotel Excelsior Malta 。シービューのお部屋にステイすることができ、子供への対応が非常に良くとても快適に過ごせました事前にホテルのレストラン予約の問い合わせもしましたが、対応が非常に丁寧で素晴らしかったです。

f:id:salt36:20210613092155j:plain

宿泊先からの景色!キレイな青にテンション上がります☆

f:id:salt36:20210613092202j:plain

 

到着翌日、これから観光だ!と思った矢先。夫の様子が少し変な気が。。。聞いてみると、ちょっと怠いとか。異国の地で、家族を連れてさぞかし気を遣ってくれていたんだね、ありがとうパパ!と思ったのですが、念のため、熱を測ったら39℃。。。。単純にこの人熱出してるだけじゃないか!!!折角の旅行をどうしてくれるのよ

 

病人は寝ているのは嫌だと駄々をこね、薬を飲んで観光開始です(笑)今はベビーカーを持参していたため、夫はそれを歩行器変わりすると言ったので頑張って歩いてもらいました(勿論、スローペースで移動する姿はおじいちゃん💦

 

目指すのはマルタ共和国の首都ヴァレッタ。ステイ先のホテルから徒歩10分ほどで行ける距離にあり、「ルサンスの理想都市」といわれ、街全体が世界遺産に登録されているとても美しい街です。

写真でなんとなくわかって頂けるかと思いますが、要塞都市です。マルタ島は16世紀、イスラム(オスマン帝国勢)からヨーロッパを守る砦だったようです。激戦の末、島を守り抜いた騎士団にヨーロッパ中から寄付が寄せられ、より堅固な都市を築き、現在のヴァレッタ街が作られました。その時のマルタ騎士団長を務めたジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレットの名にちなみ、街はヴァレッタと命名されたらしいRPGゲームでいうところの主力(夫)が瀕死の我々一行、争ったら即全滅です(笑)今の時代に生きててよかった~←夫の感想

※一部Wikipedia から参照。

f:id:salt36:20210613092626j:plain

 ヴァレッタの街の特徴は碁盤の目になっており、勾配な道がたくさん。また、猫好きの聖地とも言われており、フォトジェニックな街として、猫好きの方々が世界中から訪れるようです

f:id:salt36:20210613095756p:plain

f:id:salt36:20210613095839j:plain

ヴァレッタの街の玄関口(Valletta City Gate)とベビーカー泣かせの坂道。

「ハチミツ色の石」とよばれるライムストーン(石灰石)で造られた建物が多く、とても統一感があって、素敵な街並みです。(例えるなら、ディズニーランドのアラビアンコーストエリアのある建物の色?)街は生活している人やお土産屋、教会、素敵なカフェやレストランが混在しており、まさに異国に来たんだなと思わせる街並み。

f:id:salt36:20210613100004j:plain

街を抜けると、そこには素敵な港となっており、沖には地中海クルーズのクルーズ船の姿も。


マルタのお食事はというと、個人的な評価ですが、立ち寄った食事処はいずれも美味しかったです。お値段はリゾートの中ではおそらく良心的な価格帯だった気がします。特にお酒類。意外にも肥満率の高いマルタ。そのため、高たんぱく・低脂肪でビタミン・ミネラルも豊富ダイエット向きのウサギ肉もポピュラーだとか。ということでミーハーな我々も今旅で食す。

因みに、マルタは食事処が沢山!!初めて子供を連れての海外旅行。子連れで入れるお店はあるのかわからず街を歩いたら、「席空いてるよ!ご家族でどう?」と声かけてくれる所が多々ありました。なんて嬉しい☆☆この街が好きになったきっかけの一つでもあります。

 

さて訪れたのは、Guzeというレストラン。2020年ミシュランガイド掲載店。

ここでは、ウサギ料理の他、新鮮なシーバス(スズキ)のグリルを頂きました。ウサギ肉は鶏肉のような見た目と食感、一方で食べ慣れないお肉を食べた際のん?というあの特有な感覚(臭み?)初めて食べる牡丹肉や鹿肉、馬肉etc.を温泉宿で食べて感じるあの感覚お店の丁寧な調理もあり、大変美味しく頂ました。

さて、体調不良だった夫。食欲ないかなと思いきや完食です・・・。まぁ食欲はあって一安心(苦笑)

f:id:salt36:20210613100318j:plain

f:id:salt36:20210613100338j:plain

左:うさぎ 右:ジーバス

このレストランは旅行前に事前にランチを予約しました。その際に子連れであり、ハイチェアのリクエストをしました。当日「ごめんね、ハイチェアはなくて」と申し訳なさそうにするスタッフさん。でもサービスは良く、とても子供に優しく、落ちついている事が少ないうちの子(1歳3ヶ月)も騒ぐことなく過ごすことができました。

私達が訪れたのはミシュランガイドに載る前。レストランを利用した際も、満席でwalk inの人たちをお断りしている状況でした。

もし利用を考えているのであれば、事前の予約と子連れである場合はその旨(年齢も)をお伝えするとスムーズかも知れません。

 

尚、訪れた時期がイースターの期間であったため、街は飾り付けやイベントで賑わっていました。

f:id:salt36:20210613101530j:plain

さて、この旅ではスーベニアスプーンをゲットすることができました!こちらです☆

f:id:salt36:20210613101701j:plain

かっこいい!!

この旅行後半に私、子供もダウンしました。ロンドンに戻り、「駐在できて1,2ヶ月頃、みなさん、ヨーロッパの風邪にやられるんだよね」と先輩やお医者さんに言われ、ヨーロッパの風邪が強烈である事を実感💦レムシップという薬を知るのでした〜。旅行先で家族でダウンはこれだけなので、いろんな思い出がマルタ島にはあります。

よし決めた!「メンタルタイムトラベル」を楽しもう

イギリスでのロックダウン第1弾が始まって以来、早1年超。
 
その間、何度かロックダウン緩和、再びロックダウンを繰り替えし、多くの人たちは制限ある日常を強いられてきました。我が家もそれは例外ではありません。
 
ここまで来ると、やはり禁断症状が出てきます。
はい、旅行行きたい行きたい病です。
 
非日常な空間へ行き、そこで色々体験をすることでしか、ストレス解消・リフレッシュできない我が家(というか我々夫婦)はそろそろ限界になってまいりました。
 
夫婦で話し合いを重ねに重ね、大きな決断を致しました。。。
 
 
私たち、これから、、、、、、、、、、行ってきます!

f:id:salt36:20210524080153j:plain

準備OK!


























過去に!

f:id:salt36:20210524080648j:plain



 
『はっ?』
何言ってんの?
ついに頭おかしくなっちゃった?
 
そう思っちゃいますよね。。。
 
 
突然ですが、メンタルタイムトラベルという言葉をご存じでしょうか?
そんな言葉聞いたことない、という皆さんは多いはず。
しかしながら実はこれ、皆さん、自然とやっているんですよ?
 
旅は、その時・その瞬間ってとても楽しいし、精一杯楽しみますよね?
でも後日、デートしている時・友人との飲み会で旅の思い出を語ったりすると、どんどん記憶が蘇ってきたり、街中で歩いていて聞こえた音楽に、旅先のあのシーンで流れていた音楽と一緒だ!
と思いだしたり、電車に乗っている時や就寝前に携帯の写真を見て、その前後の記憶が蘇ってきたりしますよね。
 
 
 
そうそれです、それです。その状態を〚メンタルタイムトラベル〛と言うんですって。
旅の記憶を思い出して、また楽しむ。後からふりかえっても楽しめる娯楽。お金がかからなくていいですねー。
 
 
話を元に戻します。
我々夫婦、ロックダウン期間中、このメンタルタイムトラベルを無意識にしまくっているんです。
実際に旅行に行けないのは辛いんですけど、案外これはこれで楽しいんですよね。
 
ただ単に、メンタルタイムトラベルをやるだけではなく、折角なら何か形に残しながら楽しんで行けたらな~と思い、
今後、古い記憶を思い返しながら、時にはこのブログに綴っていきたいと思います。
 
ということで、以降気まぐれに古い旅の記録をブログに投下するかと思いますので、あまり期待しないでお待ちください(笑)。
皆さんにとって、多少お約に立ちそうな情報も添えられるよう頑張ります。 (<=ついで感、ごめんなさい)
 
私達は旅行が趣味ですが、加えてあるものも趣味としております。それはスーベニアスプーン(souvenir  spoon)集め。
あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。日本ではご当地キティのような・・・。それの世界版?
イギリスでは指ぬき記念品が定番(?)のようで至る所で見掛けします。
 

f:id:salt36:20210526041121j:plain

左イギリスのご当地土産の定番(?)お裁縫の指ぬき。右がサン・セバスティアンのスーベニアスプーンです。みなさんこんなスプーンを見かけた事ありませんか?子どもたちと一緒に好みのデザインを選ぶのも、最近の楽しみです♪
 
スーベニアスプーンはコンパクトで低価格なので、旅の記念品としては持ち歩きにもお財布にもグッド👍です!スーツケースに入れても場所取らない!
実はこのスプーンを飾るコレクションケースも存在します。私たちの夢はそのボックスを思い出のスプーンでいっぱいにする事。現在50本近く集まっています。
今後の投稿で旅記録と共に、スプーンも紹介していきたいと思います。
(世の中に存在するかしないかわからない、ニッチなスーベニアスプーンコレクターの皆さん!ご期待あれ!)

f:id:salt36:20210524083325j:plain

皆さんは、旅の思い出になにかコレクションされてますか?

2年ぶりにブルーベルを見に行きました!Bluebell@Emeetts Garden

この時期のイギリスは妖精が住んでいると言われる、Bluebellが満開になるシーズンです。一度目にしたキレイな青い絨毯は、忘れられないくらい幻想的で本当に妖精がいそうな雰囲気に包まれています😊

昨年はロックダウンで見に行くことが出来ませんでしたが、今年はキレイなお花を見に行くことが出来ました。

今回はロンドンから車で約1時間程南東に行った場所。5月初旬の3連休でEmeetts Gardenに行くことにしました。ここもナショナル・トラストに加盟されている場所なので、メンバーは無料です。但し、今はメンバーでも事前予約が必要なので、立ち寄る際は事前に確認される事をオススメします。

 

2年前に行った経験から、森の中を歩くので、家族全員でフル装備(長靴着用)

※2年前はハリポタの撮影にも使われたAshridge Estateに行きましたが、そこも広大で非常に見応えのある青い絨毯が広がっていました。 

 

f:id:salt36:20210505072156j:plain

青い絨毯が一面に広がっています。

子どもたちも、CbeebiesのPeter Rabbitの話の中でブルーベルがでてくるので、本物のお花を見ることができ喜んでました。

マイナスイオンたっぷりで、時が経つのも忘れて何時間でも見ていられるくらい、素敵な場所でした。Emeetts Garden は思ったほど大きい場所ではなかったので、足元の悪い中を長時間歩く事もしなかったので子連れには優しい場所でした。(子供も楽しめるようにイースタートレイルが開催さいれていました。イースター終わっているけど💦子どもたちは喜んでいたのでまっ良いか😆)

f:id:salt36:20210507183022j:plain

両脇に青い絨毯。タイミングが良くてよかった!と思った瞬間でした。泥濘んでいる足元も少なくて非常に歩きやすかったです!

f:id:salt36:20210507183301j:plain

実は丘になっており、緑が清々しい。これだけ広いと蜜になることもなく伸び伸び過ごせますね。カフェの横にはアスレチックエリアもあり、家族で楽しめるガーデンでした。なんとな〜く、自分が小さい時に行った遠足を思い出す風景で若干懐かしく感じたり。(こんなにオシャレではないですが〜。だってね、田舎だから見えるのは一面田んぼ😂)


 

久しぶりのテラス席。そこで会った気品溢れる素敵なご夫妻と沢山の人たち。

週末に、1人時間ができたので久しぶりにテラス席を利用して、コーヒーを愉しむことに。そこではコロナが流行る前と、その後の今とでは全く違う人々の様子を垣間見る事ができました!

1人で座っているとそこへ素敵なご夫妻が(その後いろんな人に声かけられます。)

f:id:salt36:20210505062537j:plain

現在、外のテラス席のみ営業可なイギリス。そこら中にテラス席が増えました。朝イチは空いているけど10時を過ぎると大混雑。私が立ち寄った時間はまだ空いていて席が選びたい放題だった。

奥様「こちらの席、相席しても良いかしら?私達2本目のワクチンも終わっているから!あなたは若そうね!ワクチンの連絡来た?」

私「どうぞどうぞ!そうでなんです・・・。まだGPから連絡が来ていないので待っているところです。ワクチンどうでしたか?」

話が色々盛り上がる中、「あなたはどちらご出身?」と聞かれました。

 

驚くことだらけです。前は真っ先に「〇〇人ですか?」と国を断定して聞かれることが

多かったのに、やんわりと聞いてくる。←この日会話した人100%でこの聞き方だった😯

そして、第一声はワクチンの話。途中から相席してよいかと聞いてきたお兄さんにも、ワクチン打った?と話になり。

奥様が「ワクチン打ってない人(待っている人は別で、ワクチンを断る人)とは相席したくなくて」と本音をポロリ!みんなそうそうと頷いている。

ここで改めてハッと気づいた。《ワクチンをした、してない》の差別問題があるからワクチンパスポートに慎重であるニュースを見たけど、妙に納得してしまった。

※因みに、途中で声かけてきた女性との会話で私がコロナに既にかかった話もしたので、ワクチンしてなくても私は抗体があると周りの皆さんは理解しています。

 

奥様の話で、コロナ前のこの辺りはお互い誰も関心せず、会話すらなかった。

でもロックダウンが開けた頃、人と接する事を恋しく思った又は嬉しく思う人が多いのか、知らない人同士でも会話がうまれて、楽しく過ごしている人が増えた!とのこと。確かに会話を聞いていると、お互い気さくに声を掛けている印象。

f:id:salt36:20210505065133j:plain

急に寄ってきたカモ夫婦。私達の席から動かず人気者に。カモをきっかけに声かけられ(笑)自分のペットのような気分になった。あらっ!メスのカモちゃんお行儀悪い😂

一方、1年前は街を歩くとヘイト言葉を浴びる事もあった環境から(怖かった😭)こうやって気さくに話しかけてくれる事に嬉しく思う自分もいました。久しぶりに英語漬けで甘いものが欲しくなったけど💦日本のことも沢山聞かれて焦ったけども💦コーヒーが美味しく感じる、楽しくて充実した時間を過ごす事ができました😃

 

最後にびっくりした出来事が!

 

途中で相席してきたお兄さんが奥様に「あれ??どこかで会った記憶がある!!〇〇出身でしょ!ご主人◯◯に勤めていて・・・・。そうだ!5年前の〇〇のパブであった!!クルーザーで旅行に行くって言ってた!!!元気だった??」

 この〇〇全部正解!!!奥様も思い出してびっくりしたようで「あぁぁ!元気だった?」と大はしゃぎ!このお兄さんの記憶力すご~いと思うと同時に、クルーザーで旅行ってやっぱりハイクラスご夫婦だったのね〜。と思ってしまった😆

 

World Book Day の当日

前回お話したワールドブックデーの続きです。

 

準備にバタバタしながら当日を迎えました。

 

結局子供が決めた本は「ピーターパン♪」

ロンドン行きが決まった時、ロンドン・イギリスを舞台にした物語はなんだっけ?

あっ、私も好きだったピーターパンとメリー・ポピンズがある!

という事でこの2作品のDVDと日本語の本を持ってきました。

(今考えたら、101匹のわんちゃん、不思議な国のアリス、ピーターラビット、くまのプーさんなどなど沢山あったのだけど何故か思いついたのがその2作品💦)

 

ピーターパンに出てくるキャラクターだったら、服装はなんとかなるし💡瓶に物語を作成するにも、そこまで大変ではないかも!という事で決定👏(親も子供もハッピーになれる←ここ大事)

 

f:id:salt36:20210310194234j:plain

まずは粘土でコネコネ。。。。瓶に入れる土台を作ります。これはネバーランドを作成中。

瓶の中が出来て、物足りないと言うことになり、こうなりました!!

 

f:id:salt36:20210310194430j:plain

ビッグベンでか!!(ベーキングシートの空ケースで作ったのは内緒だよ。) 下書きするのも楽しかったね〜。

テレビも見ず、作品作りに没頭する子供達。(下の子は隣で別の粘土で遊んでました)

たまにはこういう日、私も真剣に子供達と一緒に取り組む時間は大切だなと思いました。

 

f:id:salt36:20210310194216j:plain

子供が大好きなピーターパン、この本は大好きなお友達から貰ったもの。今でも大事にしています。この可愛くないピーターパンはディズニーランドパリでのお土産。今度はいつ行けるかな〜。

 

明日はWorld Book Day(ワールドブックデー)

子供のオンライン授業や習い事など諸々で、更新が久しぶりになってしまいました。。。

 

今、子供が取りくいんでいる事を紹介。というか学校からの課題?

 

今年のWorld Book Dayは3月4日。毎年日付が変わるんですね(世界の各国による)。この日は自分の好きな本のキャラクターに仮装したり、学校で各々アクティビティがあります。※3月の第一木曜日が一応開催日みたい。

昨年は各学年、作者の指定があり作者の描いた物語の登場人物に仮装して、学校内をパレードしてました。(全校生徒の中で仮装ベスト賞などあり)

この日は先生方もいろんな物語のキャラクターになっています。

f:id:salt36:20210303201246j:plain

童話の主人公になっていたり、様々!!大学で英米児童文学を学んでましたが、イギリスは児童書の種類が沢山。でも、恥ずかしながら作者の名前を聞いてもどの物語か直ぐにわからない!というのが昨年でした(笑)各学年の発表を見て答え合わせ💦ハリポタしかわからーん。子供のクラスの対象になった作者の連絡があってから慌てて本を買いました。

 

今年は、このような大きいイベントができないため、学校よりレターが届きました。

各自オンラインレッスンの時に好きな本のキャラクターに仮装する事と、もう一つ。。。。これが難題。
"Make your own Book in the jar"→空の瓶に本の物語の世界を作るアート作品。

「4日のオンライン授業時に皆で見せて、8日(月)の登校日に学校に飾るので、頑張って作ってね!あっ、仮装は新しく買わないで、自宅であるもので用意すればいいからね!」と書いてある。※やっと8日から学校が通常に戻ります。長かった〜😢

 

ツッコミどころ満載。このロックダウン中にどう衣装を作成するのだ?AmazonやH&Mでポチッとが早いではないか?レターにあった見本の瓶とネットで検索して様々な瓶を見て、これは親のお手伝い決定!!(小学生低学年には無理)愕然😭

 

とう言うことで今週はこの木曜日の為に、私も準備を手伝う事に大忙し。。。

子供にどの物語にする?と話ても、その日の気分で変わる変わる。

親の私は自分の楽な方へ、楽な方へとテーマを決めるのに必死💦

子「〇〇〇〇は??」

私 一瞬考える。キャラクターを想像し、準備できない!「う〜ん。それだと瓶で作るの大変かも、〇〇◯なんてどう?」の繰り返し。

そして、やっとテーマが決まりました。当日に向けて頑張るべし👍

f:id:salt36:20210303201804j:plain

昔、小中学生だった頃は、毎朝読書の時間があったけど、このように物語の主人公やキャラクターになるというのは、ハリポタブームで連日イギリスのニュースを見た時に知りました。(まさか◯年後に、そのイベント関わることになるとは思いもしなかったけど)これはこれで、楽しいイベントのように感じています。あっ、時差の関係でブログの投稿はイベント当日になっている💦